DIOR PRE FALL 2015 in TOKYO

Espirit Dior TOkyo prefall 2015 show tokyo dandy 06 © 2014 . All rights reserved.

「ディオール」のアーティスティック・ディレクター、ラフ・シモンズによる「エスプリ ディオール 東京 2015」コレクションが、昨夜開催された。 大相撲興行をはじめボクシングなどの格闘技の試合で使用される両国国技館を会場に、西洋と東洋が混じり合った日本の首都からインスピレーション得て発表した「エスプリ ディオール 東京 2015」。「東京は常に私のインスピレーションを与え続けています」「特に人々がこれほど自由にさまざまな服を着ている街は、世界中のどこにもありません。スタイルからの解放、新しい構造を持った服。それらはストリートのみならず、東京のファッションデザインの歴史にも現れています。強烈で心躍る場所なのです」と語るラフ・シモンズ。 マイケル・ゴーベールによるサウンドトラックは、新宿の街をヒントにした「Blade Runner」やビョークの「Hunter」などの楽曲をミックスしたもの。メゾン史上初となるフォールコレクションのランウェイ開催地として、東京が第一回目の都市として発表された。コントラストを象徴したモチーフとして、コレクション全体にスパンコールが取り入れられていて、ケーブルニットやアランニット、フェアアイルセーターなどの伝統的なアイテムに施される一方、アンダーウェアとタートルネックのレイヤード、厚手のウール、ウォッシュドレザー、コーティング仕上げされたコットンなどと、よりコンテンポラリーなデイリーアイテムと組み合わせている。 会場には、ファッション関係者はもちろん、アーティストに俳優陣と多くの著名人を招いて今年一番盛大なものになった。また、世界各国から訪れたジャーナリストにディオールのグローバルチーム総勢100名、計1600人以上の招待客が来場した。 DIOR chose Tokyo to show its first ever pre-fall runway show on Thursday night, flying in 100+ global fashion press and packing out the National Sumo Stadium with local … Continue reading

iLiL OBJECTS at KOENJI’s KITA KORE

ilil kitakore koenj tokyo store 1 © 2014 . All rights reserved.

高円寺にあるキタコレビル1階スペース、はやとちりギャラリーにて開催された「超メイク人」。リメイクで生まれ変わり進化を遂げた第二形態洋服展。アーティスト、デザイナーが飾る限界を超えた戦闘力マックスなオンリーワンなリメイクアイテムの展示&販売を行った。なかでも目を引いたのは、「iLiL」でご存知イギリス出身のレイチェルが手掛けたリメイクコーナー。剣道防具にアメリカンフットボール用ショルダーパッド。ドーナッツやハンバーガーに変身したパステルカラーのだるまに等身大の犬。見違えるほどの美を取り戻した紫のマッサージチェア。これぞリメイク魂。 KITA KORE’s iLiL decorated the entrance to the Koenji space on the occasion of Osaka Store EXCUBE’s exhibition this past weekend with iLiL ‘OBJECTS’. Giving traditional Japanese Daruma’s a Pop Cultural Spin, iLiL’s Rachel furthered a vision of repurposing … Continue reading

LINA SCHEYNIUS – “EXHIBITION 03″

リナ・シェイニウス © 2014 . All rights reserved.

スウェーデン南西の町ベナーシュボリ生まれで、モデルとして活躍した後、10歳から独学で学んだ写真の世界にフォーカスしてきたリナ・シェイニウス。既に、Dazed&ConfusedやVogue、AnOtherといったファション誌にピックされ本格的に動き出している。そんな彼女が、12月13日より「Exhibition 03」と題した写真展をタカ・イシイギャラリーにて開催。 シェイニウスは、主に友人や恋人、自身の身体やそれらの親密な瞬間を好んで観察しているほか、自身の生活とそこにいる人々の自然な絵を撮影。ベッドや浴室とあらゆる場所にカメラを持ち込み、パーソナルな日常シーンに瑞々しい生の煌めきと一筋の陰りを捉える日記的写真群。ときに赤裸々なまでに語られる彼女は、誠実な視線のありかたによってセクシャルなシーンも洗練され、被写体との間に親密な関係性があることによって独特な表情を写しだす。 会期:2014年12月13日ー2015年1月31日 会場:タカ・イシイギャラリー(東京・六本木AXISビル)

THE PARIS PHOTO – APERTURE FOUNDATION PHOTOBOOK AWARDS EXHIBITION IN TOKYO

The Paris Photo - Aperture Foundation PhotoBook Awards Exhibition in Tokyo © 2014 . All rights reserved.

世界中でもっとも注目を集めた写真集95冊が一堂に会すアパチャー展「The Paris Photo – Aperture Foundation PhotoBook Awards Exhibition in Tokyo」が、12月5日よりIMA Ggalleryにて開催される。 「パリ・フォト – アパチャーファウンデーション・フォトブックアワード」は、写真集の果たす役割と歴史における貢献を称え、写真集の総合的理解や関心を高めるために2012年に設立された賞のこと。毎年、有名写真家やキュレーターなどで構成された審査員によって、数百冊の応募作の中から選りすぐられたノミネート作の中から、部門ごとのグランプリが「パリ・フォト」で発表されている。 そんな本展では、世界中でもっとも注目を集めた2012年〜2014年の過去3年間にノミネートされた3部門全95冊を展示。 会期:2014年12月5日〜2015年1月11日 会場:IMA gallery (IMA CONCEPT STORE内) 住所:港区六本木5-17-1 AXISビル3階 電話:03-5572-7144 不定休 入場:無料

HERMÈS “LEATHER FOREVER” EXHIBITION IN TOKYO

エルメス「レザー・フォーエバー」 © 2014 . All rights reserved.

世界を巡回した「エルメス(Hermès)」のエキシビション「レザー・フォーエバー」が、遂に東京に上陸。12月2日より上野の東京国立博物館にて開催される今回のエキシビションは、エルメスのレザーの世界を伝えると同時に、詩的な魅力にあふれたエキシビションで、1837年の創業以来エルメスが情熱を傾け続けてきた最上級のレザー物語。職人の技術はもちろん、ブランドのヒストリーと「エルメス」のスペシャルエキシビション。これまでに1000以上ものバリエーションを発表したアイコンバック「ケリー」と「バーキン」ほか、「エルメス」と馬との関わり、フラワーアーティスト東信と協業し盆栽を用いたムービーなどを表現。詳しくはこちら! エルメス「レザー・フォーエバー」 期間:2014年12月2日〜12月23日 会場:東京国立博物館 時間:9:30 – 17:00 入場:無料 エルメスジャポン株式会社

YOSHIKO KRIS WEBB for ZARA by TOKYO DANDY

Yoshiko Kris Webb Zara Tokyo Dandy 01 © 2014 . All rights reserved.

「ZARA(ザラ)」の「PICTURES」というコンテンツをご存知だろうか。 ZARAのグローバルプロジェクト「PICTURES」の撮影で約3ヶ月=5回を共にした友人のVERY専属モデル、クリス-ウェブ佳子。各国のモデルやインフルエンサーたちが起用され、日本からはなんと初の日本人抜擢ということもあり話題に。渋谷、代官山、中目黒を中心に自身の部屋やお気に入りのカフェにて秋のワードローブを着こなす彼女の姿。フォトグラファー、ダン・ベイリー。とても充実したパーフェクトなひととき。是非チェックしてみるべし。 For the past few weeks I’ve enjoyed photographing my friend Yoshiko Kris-Webb in a project for ZARA’s International website. Yoshiko’s enjoyed amazing success this past year, a lot of which you can catch up on her blog at … Continue reading

CHRISTMAS AT DOVER STREET MARKET GINZA

DSM GINZA 2 © 2014 . All rights reserved.

毎年ホリデーシーズンに合わせて発表されるコムデギャルソンのコラボレーション企画。2014年の今年は、社会現象ともいえる大ヒットを記録したと「アナと雪の女王(FROZEN )」。「FROZEN COMME des GARCONS Holiday Collection」は、既に旗艦店やドーバーストリートマーケット ギンザにて発売されているほか、ウィンドウではアナ雪をイメージしたビジュアルが。また、先月より取扱いが始まった「AMBUSH®」が、ドーバーストリートマーケット ギンザとのコラボレーションで、ホリデーシーズンにぴったりのジュエリーを発売。MONTAGE COLLECTIONのマルチカラーガラスビーズとゴールドのコーティングを施したシルバー素材のチェーン、そしてトップのバーには”AMB”の文字の刻印が入った贅沢なネックレス。 DOVER STREET MARKET is famed for it’s highly coveted collab’s but their Seasonal Collection for 2014 will excite a whole different generation of Customer. Rei Kawakubo has designed a Comme … Continue reading

BALMUNG S/S 2015

BALMUNG s:s 2015 01 © 2014 . All rights reserved.

展示会を終えたばかりの「BALMUNG」2015年春夏コレクションのLOOK BOOKが公開された。 「星屑と塵屑と」 星屑-ほしくず- 遠くの光る星のこと、与えられた光のこと、それだけしか見えなくなること、憧れの存在のこと。 灰屑-はいくず- 終わってしまった存在のこと、価値を与えてもらえなかった灰色の石ころ、輝きを失ってしまったもの。 塵屑-ごみくず- 誰かに使い古された道具の成れの果て、棄てられて終わってしまったもの、限りなく汚くて濁ってしまった灰色のこと。 綺羅屑-きらくず- ファンシーなもの、一瞬の価値のこと、虚飾的なもの。安くてもちっぽけですぐに終わってしまう輝きのこと。 「屑」(くず)と言われるイメージやものに焦点を当てた今シーズン。 “流れ星”と名付けられたグラフィックはゴミ袋の透明なプラスチックの質感とファンシーグッズなどの質感をアブストラクトにコラージュ、ビッグトップスなどの背中に象徴的にあしらわれている。 シーズンのビジュアルイメージにも表れているイメージを”銀河”と名付けられた総柄グラフィックで表現。 また”埃花”と名付けられた実際の埃溜まりの写真とティッシュペーパーをコラージュして作られた総柄グラフィックはまるで一見綺麗な花柄のようでその実は普段ゴミとして棄てられているもの。

MARNI POP-UP STORE IN ISETAN SHINJUKU

MARNI_PRESS RELEASE_ISETAN POP UP STORE_20141111 © 2014 . All rights reserved.

「MARNI(マルニ)」のバッグ・革小物などを集めたポップアップ ストアが、本日11月19日より伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージにオープン。 2006年春夏コレクションで大人気を博し、2015年春夏コレクションでも使用されたアイコニックなアーカイブパターン「CANDLESTICK」を甦らせ、「トランクバック」や財布に使用した新商品をはじめ、2015年リゾートコレクションで展開するバックや小物をどこよりも早く先行発売。また、2014/15年秋冬コレクションのアクセサリーも一部販売している。 *ポップアップ ストアで商品をご購入いただくと、特典として8種類の限定ラッピングペーパーからお好きなものを1点選びサービスが!是非足を運んでみるべし。 期間:2014年11月19日ー11月25日 場所:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ 住所:東京都新宿区新宿3-14-1 ■問い合わせ 株式会社マルニジャパン:03-6416-1024 トランクバックは、「マルニ」のクリエイティブ・ディレクター、コンスエロ・カスティリオーニが自転車のバニアバックからインスピレーションを得て生み出したアイコンバック。スポーティーなデザインやマルニらしいアコーディオン風のマチ、ポップな色使いが特徴。異なる2つのサイズでカラーバリエーションも豊富に展開している。また、このために制作された「CANDLESTICK」の什器や店舗裏の巨大トランクバックにも注目を。 オープン初日の会場では、初の日本人モデルとしてZARAの「PICTURES」に登場したYoshiko Kris-Webbと一緒に。 そして、東京の名所や下町などで撮影された写真とマルニのアイコンバックのデジタルコラージュ。この画像は、ポップアップ会場に足を運んだ人だけが見れるアートな作品たち。トランクバックを手に取る前に是非見てほしい!

COACH X AMBUSH® at COACH SHINJUKU

COACH X AMBUSH COACH SHINJUKU 01 © 2014 . All rights reserved.

2013年9月に「COACH(コーチ)」のエグゼグティブ・クリエイティブ・ディレクターに就任したスチュアート・ヴィヴァース。初のコレクションを10月にオープンしたばかりの新コンセプトストア「コーチ新宿」にて披露。オープンを記念して開催されたVOGUE GIRL x COACH スペシャルナイトでは、オーラカラーで診断する噂の占い師、しいたけ氏のコーナーや、スタイリングトークなどが行われた。終盤、コラボレーションでおなじみAMBUSH®デザイナーYOONと、モデルの秋本梢によるサウンドで、更にクラシックアメリカンスタイルな雰囲気。彼女らの手組には、オープンを記念して制作された、「COACH x AMBUSH®」のバックチャームブレスレットが。COACHの”C”とAMBUSHの”A”の頭文字を施したこのブレスレットは、名前の通りバックチャームとしてだけではなく、ブレスレットやチョーカーとしても着用可能。その日の衣装に合わせて使い道は多様。洗練された落ち着いた空間に魅了されるコーチガールたち。 COACH x AMBUSH® Last night we visited COACH’s revamped Shinjuku Flagship for a night hosted by the (also recently revamped) VOGUE GIRL. The first store in Japan to be opened under Creative Director … Continue reading

KATE’S WORLD!

Kate Moss for British VOGUE © 2014 . All rights reserved.

「Kate’s world」と題したUK版「VOGUE」11月号表紙に、ケイト・モス起用。 ちょっと前に発表されたケイト・モスがUK版「VOGUE」のコントリビューティング・ファッション・エディターとして動き出している件。モデル(スキ・ウォーターハウス、カーラ・デルヴィーニュ)に俳優陣(ルーク・トレッダウェイ、ダニエル・メイズ)とケイトの友人とも言える仲間たちが集まったパーティーシュート「The Shooting Party」。撮影はティム・ウォーカーによって行われた。 また別の撮影では、プライベートでも親交のあるフォトグラファー、デヴィッド・ベイリーを迎えて、愛してならないパートナーに友人たちを記録。撮影場所は、もちろんケイトのお気に入りの場所。そのなかの1カ所が彼女の自宅だったとか。どのパーティーよりもエクスクルーシブなハウスパーティー。 下記、ケイトが表紙を飾ったアーカイブたち。

CALVIN KLEIN COLLECTION INSTALLATION AT DOVER STREET MARKET GINZA

calvin klein menswear installation at dover street market GINZA DSM TOKYO  1 © 2014 . All rights reserved.

「Calvin Klein Collection(カルバン・クライン コレクション)」メンズの期間限定ショップが、10月24日よりDOVER STREET MARKET GINZA6階にオープン。 The Calvin Klein Collection Installation on the 6th Floor Of Dover Street Market Ginza 2000年よりカルバン・クラインで活動を始め、2004年春夏シーズンからカルバン・クライン コレクションのメンズ クリエイティブ・ディレクターに就任したイタロ・ズッケーリ。そんなイタロ・ズッケーリによるカルバン・クライン コレクションが、約10年ぶりに日本国内展開。2014年秋冬コレクションで目を引いた対照的なシルエットに光沢のある太めのナイロンパンツ。スタイルは幾つかあったものの、ミリタリー調ワークウェアは今すぐにでも着たいと思えるアイテムの一つ。「OBSESSION」「ETERNITY」「ESCAPE」と、フレグランスのネーミングでもあるスウェットは既に人気を集めている。この機会に是非足を運んでみるべし。 Calvin Klein Collection Special Installatin at DSMG 期間:2014年10月24日ー11月14日 場所:DOVER STREET MARKET GINZA 6階 時間:11:00-20:00(日〜木)11:00-21:00(金〜土) 電話:03-6418-5875 … Continue reading

TOKYO DANDY x S刷LOW at BUNKA FASHION COLLEGE FESTIVAL (文化祭)

文化祭 TOkyo Dandy Bunka FAshion S刷LOW 1 © 2014 . All rights reserved.

11月2日から開催される文化服装学院の文化祭! ファッションショーや、各科ごとの作品展示、施設公開、バザー作品販売、野外ステージなどと盛りだくさんの企画を用意した未来のファッションスターたち。 今回取り上げるのは、「RE・TENT」と題した移動型セレクトショップ。新ジャンルの提案や、顧客の創造と社会的ニーズに焦点を当てた新型ショップ。「企画力」はもちろん、プロジェクトを成功させる上で必要となる「発進力」と「交渉力」。これらの条件をクリアした上でお客様をお迎えすることができる小売業。 そんな「RE・TENT」の中に出店する「S刷LOW」と題した1つのプロジェクトに「TOKYODANDY」も参加させて頂きました。このプロジェクトは、4組のアーティストとのコラボレーション企画でTシャツやスウェットに手作業でシルクスクリーンを印刷する …まさに「刷ろう=S刷LOW」。 この機会に是非足を運んでみてください。 文化服装学院 文化祭 日程:2014年11月2日(日)ー11月4日(火) 時間:9:30 – 18:00(最終日は15:00) 場所:文化服装学院  入場:無料 ‘BUNKASAI’, the annual Festival held at BUNKA Fashion College takes place November 2nd, 3rd and 4th this year. The 3-day event is open to the public … Continue reading

CARTIER ‘SHAPE YOUR TIME’

cartier shape your time tokyo 01 © 2014 . All rights reserved.

某ゲストハウスで開催された「Cartier(カルティエ)」男性用腕時計のプライベートパーティー。会場に着くと、まず目に入ったのが、デンマーク生まれのアイスランド人アーティスト、オラファー・エリアソンによるプラチナウォールの豪華な壁。 9日間に渡って開催された今回のプロジェクトは、カルティエはもちろん、GQ JAPANやCasa BRUTUSをホストに、各界の著名人を招いて開かれたカルティエの「Shape Your Time – 果てなき挑戦者へ」。コンテンポラリーアートが溢れたゲストハウスでは、カルティエの新作から過去、現在、未来の3つの時空に分けて展示。 訪れた著名人のなかには、布袋寅泰(ミュージシャン)、柴咲コウ(女優)、菜々緒(モデル・女優)、伊勢谷祐介(俳優・実業家)、NIGO、道端ジェシカ(モデル)、三原康裕(ファッション・デザイナー)、吉岡徳仁(アーティスト)、ジャラ・マリアーノ(モデル) 下記映像は、2012年に世界中で1億6,000万人以上が視聴したショートムービー「オディセドゥ カルティエ」を手掛けたフランス人監督ブルーノ・アヴェイラン。果てなき挑戦を続ける世の男性たちに捧げるメッセージが込められた90秒の映像。1904年に誕生した(パイオニア飛行士であるアルベルト・サントスのためにルイ・カルティエが腕時計を発明してから今年で110年)初の男性腕時計「サントス」ウォッチ。1912年に針が宙に浮いているように見えるミステリークロックの初代モデル。また、建築家ラファエル・デ・カルデナスによる立体的なインテリアは、カルティエの象徴でもある文字盤のローマ数字、全12個を文字盤に見立てて制作。 隣の部屋では、ジュネーブから遥々届けられたカルティエのアーカイブ作品が展示されていて、どれもストーリーがあり美しい。1930年代の時計2つとメンズ用のカスタムメイドされた貴重なシガレットケースや時計、携帯用カミソリが内蔵されたライターなどと創意工夫が詰まった歴史を示す。 ショートムービーでも紹介された今回のエキシビションの未来が「Astrotourbillon」となる。とても複雑な構造で時計産業の間でも理解に苦しむくらいの技術を表現。カーボン結晶で作られているこの時計は、潤滑油の必要がなくなりメンテナンスがほぼ完全に要らないくらいだとか。 カルティエのパイオニア精神に触発され、ミクソロジストによる珍しいカクテル表現と、とても貴重な体験をさせて頂きました。 是非カルティエのメンズの世界を体験してみるべし! Iseya Yusuke, Shibasaki Ko & Nanao, Iruka, NIGO, Jarah Mariano in conversation with GQ Editor Suzuki-san, Jessica Michibata watching the below ‘Shape Your Time’ film … Continue reading

KEIICHI TANAAMI – “CHERRY BLOSSOMS FALLING IN THE EVENING GLOOM”

keiichi taanami 1 © 2014 . All rights reserved.

アーティスト田名網敬一の新作個展 「夜桜の散る宵闇」が、渋谷のアートギャラリー「NANZUKA」にて10月25日より開催される。 本展では、横幅3メートルの大作「夜桜の散る宵闇」をはじめ、新作ペインティングほか、大型の立体作品などを発表。新作の立体作品は、2012年に制作された「赤い太鼓橋」をモチーフにした一連のシリーズの新作で、渡ることのできない橋の上に飛行機に乗ったキャラクターが鎮座している力作なのだ。田名網氏は、「暗い過去の体験も自身の性格によってポジティブな表現に交換してしまう」と語っている。詳しくはこちら! 田名網敬一 「夜桜の散る宵闇」 会期:2014年10月25日ー12月13日 会場:NANZUKA 時間:11:00-19:00 We’re big fans of Keichi Tanaami, one of a handful of Contemporary Japanese Artists who I strongly believe does not get the level of recognition he deserves here in Japan. The 78 … Continue reading