adidas Originals EQT by Juergen Teller

アディダス」の歴史はいつからスタートしたのだろうか、今やラフ・シモンズにアレキサンダー・ワン、カニエ・ウエスト、ヨウジヤマモト(Y-3)と様々なブランドとのコラボレーション、アスリートにアーティスト、世界中の人々に愛されつづける名作の数々。なかでも1991年に登場し「The Best of adidas」と言われ、最高のパフォーマンスを発揮させる(アスリートに)「EQT」シリーズだが、2017年、再び生まれ変わった新たなロゴと25年前とは反対色のターボレッドを採用した「EQT」が登場。

飽くなき本質の追究、VICE JAPANではアディダスの歴史を特集しているのでチェックするべし。

Equipped for anything. Joe in all new adidas #EQT & #Y3 hoody #adidas

A photo posted by Dan Bailey (@tokyodandy) on

adidas updates an early 90’s classic with an updated take on the EQT. The original ‘Equipment’ line valued ‘function over form’, a sentiment the 2017 version carries over. The equipment line originally had green color way, something which I personally remember from one of my first ever pair of sneakers. That’s been replaced for this drop with Turbo Red. The look book above was shot on the streets of Berlin by Juergen Teller, it forms part of a special edition of Vice Japan documenting the release and all things 90’s, out now.

Leave a Reply

Your email address will not be published.