Tokyo Dandy Editorial

2011 IN PHOTOS BY TOKYO DANDY

2011 IN PHOTOS BY TOKYO DANDY

By

2011年色々な事がありましたね。まず、マグニチュード9.0を記録する地震が東北地方太平洋沖仲で発生したこと。この地震で、起きてしまった停電や火災、津波などの影響でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 311震災後 … 沢山の人々が考えさせられたでしょう。そのことから … 沢山の人々がチャリティ、ボランティア活動に参加していました。わたしたちTOKYODANDYも … 震災支援のための食品・物資寄付を受け付けている「セカンドハーベスト・ジャパン」へ、食品・物資の支援をさせて頂きました。(こちら)「ONE NIPPON」に参加頂いた出演者の皆様。会場にお越しいただき、支援物資を持ち寄った皆様、本当にありがとうございました。 また、20年ぶりのジャパンツアーで来日していたカイリー・ミノーグからのメッセージ。(こちら)7月に開催された富永愛主催の写真展「EXHIBITION – I, Tominaga」。(こちら)被災地へといち早く桜を届けたいという気持ちから富永愛自身Twitterにて立ち上げた<#sakuramovement>。各国のVOGUE編集長たちが集結した「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT JAPAN」。(こちら)とにかく … 本当に色々なことがあり、沢山の人々が支え合った1年ではないでしょうか。 長々と書いてしまいましたが、改めまして … 来年(2012年 辰年)もどうぞ宜しくお願い致します。 良い新年をお過ごし下さいませ。…

Read More
Kitazono Carlo

Kitazono Carlo

By

TOKYODANDY初のファッションストーリー。2008年秋冬シーズンのプラダでランウェイを経験した今最も勢いのあるイタリアと日本のハーフ「CARLO KITAZONO」。東京コレクションでは、「garconshinois」や「LIMI feu」、雑誌では既にPOPEYEの表紙を飾り、最新号メンズノンノでは「ディオール・オム春夏コレクション スペシャル シューティング in Paris」と題した企画で、クリスヴァンアッシュ自らがスタイリングを担当したことでも話題に。カメラマンには国内外を飛び回るご存知、祐真朋樹。今後の彼の活躍に期待を! For the first Tokyo Dandy editorial effort we worked with up-and-coming model, Carlo Kitazono. Half-Italian/Half-Japanese, Carlos work…

Read More