Uncategorized

J.W. Anderson TOPSHOP Tokyo Party 01

J.W. ANDERSON x TOPSHOP PARTY at BATSU GALLERY

「J.W.Anderson」と「TOPSHOP」によるコラボレーションライン「J.W. Anderson for TOPSHOP」本日より発売開始(コチラ)!ローンチに合わせてデザイナーのジョナサン・ウィリアム・アンダーソン(Jonathan William Anderson )が来日したほか、BA-TSU-ART-GALLERYを会場に発売直前のお披露目が昨夜行われた。 Designer J.W. Anderson was in Tokyo this week for the launch of his second seasonal collaboration with…

Read More
“RUNAWAYS” OVERTSEA & SHIZEN BY JULIA BURLINGHAM

“RUNAWAYS” OVERTSEA & SHIZEN BY JULIA BURLINGHAM

青山・NYCにヘアサロンを持つ「THE OVERSEA」という名のクリエイティブ集団。2005年、NYのイーストビレッジにオープンしたTHE OVERSEAの姉妹店「Shizen Brooklyn」。そして、現在はベルリンを拠点に活動するニューヨーカーなフォトグラファー兼アーティスト、ジュリア・バーリンハムによる最新フォトブック「RUNAWAYS」のローンチが明日(3月1日)IDOLにて開催される。 RUNAWAYは、4人の”ランナウェイ”ティーンズが進むアメリカンな家出道中を捉えた、フィクションの写真小説。この本は、小さな街、農場、人里離れた田舎道、ドライブインシアター、スーパーマーケット、風変わりなバーや駐車場をさまよう彼らの様子を追って行く。彼らは、ごちゃまぜバラバラだけど親密な、野生動物の集団のようにして、家から遠い風景の中を通り過ぎて行く。物語は1970年代と1990年代の間を行き来する、特定不明の時空で展開する。 日程:2013年3月1日 会場:IDOL 時間:21:00 – 23:30 料金:ENTRANCE FREE

Read More
BANZAI HAKA BY BANZAI

BANZAI HAKA BY BANZAI

2013年1月30日より同時(東京(Aquvii Tokyo)、大阪(excube)、ロンドン(Primitive London)リリースした「BANZAI」による「BANZAI HAKA」と題したHAKA Tシャツ&スウェット。東京を拠点にユニークなクリエーションを発信する「BANZAI」。 何本もの線で形成される人の顏に日本で喪に服す時に着用される△(天冠)や仏教の宇宙観を表す5大要素である空*風*火*水*地が書かれた梵字、BANZAIが円で繋がるサインがプリントされたデザインには原点(今)と始まり(未来)に向けたBANZAIからのメッセージが込められている。 ▶ DROPTOKYOオンラインショップでも購入可能。コチラ! BANZAI Haka – Simultaneous release in London and throughout Japan. The latest creation from Tokyo based…

Read More
‘RE:PARTY’ Presented by CANDY

‘RE:PARTY’ Presented by CANDY

2012年12月20日、Le Baron de ParisにてCANDYの忘年会を開催。名付けて「RE:PARTY presented by CANDY」。前回、大好評で終わった東京/渋谷から独自の感性で最先端ファッションスタイルを提案する注目のファッションブティックCANDYがオーガナイズする「RE:PARTY」が、「Year End Party」を兼ねて再びLe Baron de Parisにて緊急開催。東京を代表するお馴染みのファッションアイコンらが一同に集結する2012年最後のファッションパーティーになる事間違い無し。乞うご期待! ▶ ‘RE:PARTY’ Presented by CANDY 日程 / DATE:2012年12月20日(木) 会場 / PLACE:Le Baron…

Read More
Screen Shot 2012-12-17 at 7.59.27 PM

THE KILLERS ‘HERE WITH ME’ BY TIM BURTON

今年の9月に発売された「ザ・キラーズ(The Killers)」の4年ぶりとなるアルバム「BATTLE BORN」から、「Here With Me」のミュッジックビデオが公開された。映像監督にはご存知ティム・バートン。アメリカ出身の女優ウィノナ・ライダーが出演ということでも話題に。 Director Tim Burton Directs the video for ‘Here With Me’, a ballad from The Killers new album ‘Battle Born’….

Read More
Screen Shot 2012-12-17 at 8.00.28 PM

Xmas Party at Faline Tokyo & Bambi&Faline Nagoya 2012

いよいよ今年も残すところあとわずか。特に2012年 … 超特急なみだった気が。それはさておき、毎年恒例原宿「Faline Tokyo」、名古屋「Banbi&Faline」でクリスマスパーティーを開催。詳細はコチラ↓ Faline Tokyoのクリスマスパーティー後は、Le Baron de Tokyoで開催されるCANDYの忘年会に足を運ぶべし。 日程 / DATE:2012年12月20日(木)Faline Tokyo 日程 / DATE:2012年12月24日(日)Bambi&Faline Nagoya HAPPY BAGやSALE情報はコチラ!!!

Read More
Screen Shot 2012-10-15 at 2.06.07 PM

CANDY × BOYLONDON PRESENT 「CLUB BOY TOKYO」

ステファン・レイナーによって1977年にスタートした「BOY LONDON」。70年代後半〜80年代のロンドンでムーブメントを起こしアーティストの間でも話題となったBOY LONDON。そんな彼らダが渋谷にショップを構えるCANDYとタッグを組み10月19日に「CLUB TOKYO」と名付けたイベントを開催。 「BOY LONDON STYLE」をドレスコードにイベント当日はスペシャル企画が盛り沢山。「MY BEST BOY LONDON STYLE」と題しスナップコンテストを開催。なんと優勝者に選ばれた方は豪華賞品が用意されいているとか。詳しくは→(コチラ!!!) ▶ CANDY×BOYLONDON PRESENT 「CLUB BOY TOKYO」 日程 / DATE:2012年10月19日(金) 会場 / PLACE:J-POP CAFE…

Read More
Saint Laurent Spring 2013

SAINT LAURENT BY HEDI SLIMANE MENSWEAR S/S 2013

エディ・スリマンによる「サンローラン」ウィメンズ デビューコレクションが発表されたと同時に、2013年春夏メンズのルックブックが公開された。やはりロック。スリマンならではのロックは永遠に続くと確信。スキニーでメタリック、タキシード、ジーンズ、ナローラペル、テーラード、得意のライダースジャケット、レオパードに水玉。スリマンといえばこれまでに沢山のニューフェイスモデルを生み出してきた。ルックに出てくるボーイズたちもほぼニューフェイスではないだろうか。スリマンらしくサンローランでもあったウィメンズ会場にはケイト・モスの姿が。どこかケイトのためのコレクションとも思えたスモーキングなウィメンズ。 下記写真は公式サイトで公開されたサンローラン ウェブサイトより。 公式サイト:SAINT LAURENT PARIS Hedi Slimane makes his highly anticipated return to menswear for Saint Laurent Spring Summer 2013. The complete…

Read More
397aaa8e9bbdcb40ce6e579e6fede9efa3b1634e_m

BOWIE × SUKITA SPEED OF LIFE AT PAUL SMITH GALLERY SPACE

Paul Smith SPACE GALLERYでは2012年8月25日(土)から9月30日(日)まで、鋤田正義の写真集「BOWIE×SUKITA Speed of Life」の出版を記念した写真展を開催します。 「BOWIE×SUKITA Speed of Life」は写真家鋤田正義が70年代から今日に至るまでのイギリスのロックアイコン、デヴィッド・ボウイとの40年間の記録を記念して限定2,000冊で出版されました。本エキシビションでは、この1冊の中から時代を彩る数々のシーンを厳選して展示します。 二人が初めて出会った1972年当時、日本ではデヴィッド・ボウイはほぼ無名で、鋤田正義本人もボウイの名前すら知らなかったと言います。しかし、ロンドンで会うなりすぐにボウイの魅力に引きこまれ、そこから稀代のロックスターとフォトグラファーの40年の歴史が始まります。 写真展では、時系列に年代順に写真を展示していきます。その中には、ライブパフォーマンス等を行なうオフィシャルなデヴィッド・ボウイの姿はもちろん、当時ボウイのことをあまり知っている人がいない京都の街を自由に、自然に観光する彼の姿を捉えた貴重なオフショット等も含まれています。 Paul Smith SPACEでは、エキシビション期間中、デヴィッド・ボウイ、鋤田正義両著者のサイン入りの写真集を販売します(税込¥63,000)。写真集は世界2,000冊限定ですべて手作業で綴じられています。 鋤田正義(すきた ・まさよし) 1938年福岡県生まれ。ドキュメンタリーから広告、映画、音楽まで幅広く活動。写真集 に『T.REX 1972 SUKITA』、『氣──デヴィッド・ボウイ写真集』、沢田研二写真集『水の皮膚』他多数。映画では寺山修司『書を捨てよ町へ出よう』撮影監督、ポール・ シュレーダー『MISHIMA』、ジム・ジャームッシュ『ミステリー・トレイン』、是枝裕和『ワンダフル・ライフ』のスチール写真他。 公式サイト:http://sukita.jp…

Read More