KARL LAGERFELDS VERSAILLES EXHIBITION at CHANEL NEXUS GALLERY GINZA

世界的ファッションデザイナーで写真家としても活躍するカール・ラガーフェルドが、光や影とと戯れるようなモノクロ写真展を銀座シャネルで開催する。

17世紀後半、太陽王と謳われたルイ14世により建造されたヴェルサイユ宮は、壮麗な宮殿や庭園を擁し、世界文化遺産に登録されている。この特別な地をラガーフェルドのユニークな視点で捉えたモノクロの写真展。

karl-lagerfeld-versailles-chanel-ginza-tokyo©Karl Lagerfeld

1987年、カール ラガーフェルドは、シャネルの広告キャンペーンを制作するため、カメラのレンズを覗く側に自らが立つことを決意。そして、彼の写真は、数々の権威あるファッション誌に掲載され、世界中でお披露目された。ラガーフェルド自らが選んだ領域をはるかに超えて広がる写真の才能は、本展の作品群にもはっきりと示されている。彼の撮影手法を導くのは直感と第一印象による被写体への愛情ほか、自然の発露と偶然が重要な役割を演じる。

本展は、2008年にヴェルサイユ宮殿で開催され好評を博した同展から作品を選りすぐり、日本初公開が決定。プリントは、羊皮紙を模した紙を使い、スクリーンプリントの古い技法によって制作されたもので、ラガーフェルドの希望により、鑑賞者が紙の質感や画像の細部まで堪能できるよう、作品をガラスやフレーム等で額装はせずに、直接壁に取り付けるというシンプルな方法で展示される。この展示方法が、ラガーフェルドが重きを置いたコントラストの表現を際立たせるとともに、スクリーンプリントという古くからの方式が、これらの写真を真に独創的な存在にしているとのこと。

カール・ラガーフェルド写真展「太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影」
会期:2017年12月18日〜2017年2月26日
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
時間:12:00 – 20:00(入場無料・無休)

karl-lagerfeld-chanel-ginza-versailles-tokyo©Karl Lagerfeld

The CHANEL Nexus Hall Gallery space in Ginza plays host to a photography exhibition by Karl Lagerfeld this month, the subject, Versailles.

Built by the Sun King, Louis XIV, during the latter half of the 17th century, the magnificent palace and gardens of the Château de Versailles are a World Cultural Heritage Site, and it was there that internationally renowned fashion designer and photographer Karl Lagerfeld chose to photograph.

Why Versailles? For Karl Lagerfeld, this unique place is conducive to creativity as “a concrete example of fairy tales, a world that existed but that speaks to our imagination.” Here, as photographer, he offers an offbeat and personal vision of the Château, a cinematic vision in which light and shadow, perspective and mist describes a world as a forbidden fairy tale, a solemn universe sometimes even alluding to the dramatic.
The exhibition consists of works chosen from among those first shown, to wide acclaim, at the Château de Versailles in 2008 and also happens to be their first appearance in Japan. Karl Lagerfeld wanted to present these works without protective glass or frames, but simply hung on the walls so that the public could appreciate the effect of the material, the paper grain… These prints, which are subjected to this specific treatment, highlight the importance attached by the photographer to contrasts. This ancient form of screen printing gives the photographs a truly original appearance.
“Paper is the material I prefer the most. It is also, for me, the starting point of all creativity.
In the case of the photo, it is the culmination of the final result.” (Karl Lagerfeld).
Karl Lagerfeld Versailles A L’ombre January 18th – February 26th 2017Chanel Nexus Hall Ginza

karl-lagerfeld-chanel-ginza©Karl Lagerfeld

Leave a Reply

Your email address will not be published.