LOVE HOTEL – A DOCUMENTARY FILM

37,000ものラブホテルが日本に存在することをご存知だろうか。イギリス出身のフィリップ・コックスと戸田ひかるの2人の監督によるドキュメンタリー映画「LOVE HOTEL」。この映画は人々のセックス事情と、日本独自の文化ともいえるラブホテルの内情を人間的な目線で捉えている。残業を強いられる社会、多世代同居でプライバシーが無い等、日本の様々な生活環境が要因となって進化してきたラブホテルは、これら現実から逃避できる場所として日本人にとってなくてはならない場所となった。なんと、1日に280万人の人が利用しているとか。この現象を記録するため2人は、大阪のラブホテル「アンジェロラブホテル」を訪れるカップルと、その舞台裏で働く店長と従業員に焦点を当てている。

ジェームス・ヘロン:日系文化会館館長、トロント日本映画祭実行委員長

love hotel documentary film 1

The trailer for a new documentary ‘LOVE HOTEL’ has caught our interest. Japan’s a country of small apartments, thin walls and adults who stay at home withe their families until marriage. Add into this a lack of public intimacy within cramped cities of millions and the scene is set for the uniquely Japanese phenomenon of Love Hotel’s, a place to ‘Rest’ or ‘Stay’ for a few hours at a time. Often thematic, the garish facades can be found everywhere, from city centers to small towns where kitsch lights are viewable from high ways. Focusing on Angelo Love Hotel in Osaka, the documentary uses the staff and clientele to tell the story of one of the 37,000 such Hotel’s that exist throughout Japan. ‘LOVE HOTEL’ is currently showing at film festivals.

LOVE HOTEL MOVIE OFFICIAL WEBSITE