PRADA Iconclasts

ニューヨークに続き、ロンドン、ミラノ、そしてパリといった順番でファッションウィークが開催されるなか、プラダ(Prada)「アイコンクラス”Iconclasts”」ビジュアルマーチャンダイジング(VMD)の興味深い新たなステップが順調に進んでるではないか。この企画はプラダ社が選ぶ4人のトップ人物が、VMDを担当することになっている。
ニューヨーク エリアでは、米W誌のファッション ディレクターを務めるアレキサンドラ・ホワイト(Alexandra White)、ロンドン エリアでは、スタイリスト兼エディターで「LOVE」誌編集長を勤めるケイティー・グランド(Katie Grand)。ミラノ エリアでは、スタイリスト、オリバー・リッツッォ(Oliver Rizzio)。そして、パリ エリアでは、PARIS VOGUE編集長を勤めるカリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld)によって各都市のプラダの路面店がリメイクされていく。

もし、東京にこの企画が流れてきたら、誰が選ばれるだろうか?

Prada “Iconclasts” is an interesting new step in Visual Merchandising. Following the major fashion weeks from New York to London, Milan and Paris the Italian brand has chosen a leading stylist in each city to re-design the interior of the store. W Magazine fashion Director Alexandra White took her turn in New York followed by LOVE Magazines Katie Grand in London. Stylist Oliver Rizzio will take his turn in Milan and the project will finnish in major style with Paris Vogue editor Carine Roitfeld in Paris. If Tokyo had a turn, who do you think would be chosen to do it?

1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.