ROSE BECK Wien, Mühlbauer and Florian jewelry at VACANT, Tokyo

3月20日より3日間限定で行われているウィーン発(オーストリア)アクセサリーデザイナーたちの豪華スタイルイベント「WHAT DO YOU THINK WE THINK YOU THINK THAT WE THINK OF YOU? COME AND SEE!」。原宿の「VACANT」を会場に現代のウィーンを代表する3人のアクセサリーデザイナーが日本上陸。

ドイツで生まれ育ったジュエリーデザイナーのフロリアン・ラードシュテッター(FLorian jewelry)。彼の作品はシンプルに連れなるビーズのネックレスから、スカルプチャー(造形作品)的な大きな作品まで幅広く、彼の持つ膨大な知識やセオリー、構図、そしてインスピレーションなどが、強烈なコンセプトとして彼の作品の上で必然的に繋がりをみせる。ウィーンのヘッツェンドルフ・モードカレッジで皮革小物製造学を学び、1996年に独立してハンドバックブランドを立ち上げたロゼベック・ウィーン(ROSE BECK Wien)。2001年、100年もの歴史を持つ帽子製造販売店の4代目を担うユニアナ・ミュルーバウワー(Mühlbauer)。

それぞれが過去10年間の人気を博したデザインのアイテムを取り揃え、会場内のいたるところに彼らのアートピースが展示されている。本日(3月22日)最終日!原宿近辺の方は是非足を運んでみるべし!詳しくは、コチラ!

Last night a lovely crowd of people turned out to welcome the Austrian Designers behind ROSE BECK Wien, Mühlbauer and Florian Design Jewelryto Tokyo. ‘WHAT DO YOU THINK WE THINK YOU THINK THAT WE THINK OF YOU? COME AND SEE!’ took place at VACANT Gallery the warm interior of which was the perfect homely setting for guests to meet the designers and to try on accessories from the archives of the 3 brands present.

Jewelry Designer Florian constructed the installation in the corner of the space which was basically a super-sized version of one of his beautiful creations. Milner Klaus Mühlbauer used photos from 10 years of trips to Japan to introduce his brand in a personal way, whilst long lines of fans queued to have a hat made by Klaus out of raw materials right there on the spot. When the night was done everyone was pleased to get a bold striped bag gifted from Rose Beck Wien. All three made a great impact and the evening was a great success.

1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.