Disposable Lives

disposable_lives_kuro_the_boy_and_the_cherry_blossoms1

DISPOSABLE LIVES – THE BOY & THE BLOSSOM

桜の美しさを開花することは私の「DISPOSABLE LIVES」フォトシリーズを通した表現感情と似ている。クロのほお骨が桜の花びらによって素晴らしいフレームとなるのは知っていた。少年と花。 The brief, blooming beauty of sakura is synonymous with the sentiments expressed through my ‘Disposable Lives’ photo series. I knew Kuro’s cheekbones…

Read More
disposable-camera-photos-okinawa-disposable-lives-dan-bailey 06

DISPOSABLE LIVES – OKINAWA

「DISPOSABLE LIVES」プロジェクトを通じて、現代日本のコントラストを探る。自然と人工、若者/劣化、伝統や大衆文化、季節と、富士フィルムの写ルンですで撮影されたスナップショット。 日本には北から南と多くの島や村がありその地域の美しさはもちろん、街の特徴や習慣も異なってくる。今回はトロピカルな島国・沖縄の街。かつて沖縄は、1429年から1879年の450年間沖縄本島を中心に存在した琉球王国。パスポートを片手に何処か別の国にでも着陸したかのような。それもそのはず、アメリカの統治下にあった沖縄は、1972年(昭和47年)に日本に返還されたのだ。 個人的なことになってしまうが、沖縄・宮古島で生まれ本島で幼少期を過ごしたジョーと、正反対の国イギリス・ヨークで生まれ育ったのダンとの国の違いはもちろんのこと、その国々の歴史はもちろん、戦争や建物と大きな発見を見つけた貴重な旅だった。今回の旅は那覇市にあるLOVEBALLというクラブで開催された(7月12日に)「Tropical Night Out vol.2」のためエリ・ローズとともに沖縄入りしたのだ。2度目の開催となった今年は、昨年同様大勢のお客さんが駆け付け、ジメジメした熱帯夜のなか最高の沖縄魂を見せてくれた。旅中盤から終わりまではよんな〜よんな〜海三昧。石垣島に竹富島_写真(下記)を見れば分かるはず、時間など気にせず沖縄タイムを堪能。よんな〜よんな〜。 Through my ‘DISPOSABLE LIVES’ project I explore the contrasts of Contemporary Japan. The natural and the man-made,…

Read More